就労ビザ・経営管理ビザ・在留資格申請手続きの専門家(大阪市・中央区・堺筋本町)全国対応・24時間受付!

手数料の基準

  • HOME »
  • 手数料の基準

報酬基準 – Standerd fee –

行政書士ちかりな法務事務所の手数料は、申請に係る相談料・書類作成料・申請代行料の合計です。
お見積りいたしますので、まずはお気軽にお問合せください。

就労ビザ

技術・人文知識・国際業務ビザ申請

最終学歴が日本の大学卒 100,000円 ~
最終学歴が海外の大学卒 130,000円 ~
職歴の証明が必要な場合 130,000円 ~

その他 就労ビザ申請

最終学歴が日本の大学卒 100,000円 ~
企業内転勤ビザ 150,000円 ~
その他のビザ 130,000円 ~

経営・管理ビザ

経営・管理ビザ申請 200,000円 ~
株式、合同会社設立代行(商業登記込み) 100,000円 ~
事業計画書作成 50,000円 ~

事業計画書の作成方法が分からない場合は、当行政書士事務所のひな形をお渡しします。

主な実費の目安

・定款の公証役場認証 5万円

・定款の収入印紙 4万円(当行政書士事務所は電子定款を導入しておりますので、印紙代が1万円で済みます。)

・登録免許税

(株式会社で資本金500万円の場合) 15万円

(合同会社で資本金500万円の場合) 6万円

永住権申請

就労ビザの方 150,000円 ~
経営管理ビザの方 200,000円 ~

高度専門職申請

  100,000円 ~

各種ビザ(在留資格)更新申請

  50,000円 ~

就労資格証明書交付申請(転職時に活用されています)

  30,000円 ~

帰化申請

会社員の方 150,000円 ~
自営業・会社経営の方 250,000円 ~

アポスティーユ・公印確認申請

1通 15,000円(2通目からは1通5,000円)

外国大使館・領事館の認証

1通 20,000円(2通目からは1通8,000円)

公証役場での外国文認証申請

1通 15,000円(2通目からは1通5,000円)
宣誓書/Declarationの英訳 1通 5,000円(当行政書士事務所で翻訳可能なもの)

専門家による翻訳が必要な場合は、外部委託いたしますので、別途お見積りいたします。

補足

日本にお住まいの外国人の方が、現在の在留資格(ビザ)から他の在留資格(ビザ)へ「変更する」または、外国にお住まいの方を呼び寄せるための「在留資格認定証明書」申請は、どちらも上記の手数料です。

当行政書士事務所は、申請を取次ぐことを大阪入国管理局へ届出済ですので、ご本人に代わって入国管理局へ申請いたします。

継続的にお取引いただけるお客さま

別途、当行政書士事務所に係る手数料を設定させていただきますので、お気軽にお問合せください。お見積りいたします。

留意事項

  • 消費税は別途申し受けています。
  • 実費は含まれておりません。
  • 手数料は5万円(5万円以下の項目を除く)を前払いで頂戴し、
    残りは実費と合わせて申請書類提出時に頂戴いたしております。
  • 経営・管理ビザ(在留資格)の前払い金は、お見積り金額の50%とさせていただいています。
  • 当該申請は許可を保証するものではありません。
  • 在留資格認定証明書が交付されても、VISA(査証)が100%発給される保証はされません。
  • 翻訳が必要な場合は、別途翻訳費用を頂戴いたしております。英語の翻訳は無償でいたします。
  • 大阪市内より50km離れた訪問は、協議の上 交通費・日当を頂戴することがあります。
PAGETOP
Copyright © 行政書士ちかりな法務事務所(ビザ申請手続きの専門家) All Rights Reserved.
Contact Tel Home